サイト内検索
アーカイブ
カテゴリー

普段使いにもできます

赤いハイビスカス

交際中のプレゼントやブライダルに用いた後も、ハワイアンジュエリーならば日常使いとしても活用できます。指輪が指に合わなくなってもチェーンに通してネックレスのようにできますし、ネックレスのトップならば、バッグや携帯のストラップに変えたりできるため、形を変えて長く使用できます。

独特の形は他の人の目を引きますし、いずれのモチーフも、幸せな二人を応援する意味を持つので、普段から身に着けていたいものとなります。

ハワイアンジュエリーとは

黄色いハイビスカス

ジュエリーとは、宝石・貴金属を用いて作られたネックレスなどの装身具のことを指します。ハワイアンジュエリーとは、ハワイ特有の花や動物などを用いて作られた、ネックレスや指輪の事をいいます。大き目の指輪にハイビスカスの形を掘り込んだり、ネックレスもホヌという海がめの形をかたどったり、様々なデザインのものが多くあります。

ブライダルに用いられるようになったのは、そのモチーフとなる花や動物が、幸せに関わる意味を持つことがわかってきたためです。

ハワイ語での意味
ホヌという海がめはハワイでは神聖な生き物として崇められています。幸運を運んでくれる海の守り神という意味を持ち、危険や厄災から身を守ってくれるとされています。マイレという蔓科の植物は、レイに良く用いられますが、聖なる結びつきという意味があり、結婚する二人にとってはとても意味深いものとなります。

また、指輪の掘り方にヘリテイジというものがありますが、これは永遠に途切れることのない愛という意味があり、ブライダルにはぴったりのものとなります。

ジュエリーの意味合い

指輪とサンゴ

アクセサリーの種類には、指輪・ピアス・バングル・バレッタ・ネックレスなどがあります。

幸福を意味する、マイレ。押し寄せる波を意味し、永遠に途切れない2人の関係という意味を持つスクロール。力強い波を意味するカレキニ。幸せが波に乗ってくるという意味したプリンセル。プルメリアは、愛を。幸福を運んでくれる「守り神」を象徴したホヌ。幸せを吊り上げるという幸福を意味するフィッシュフック。樽を意味するバレル、と様々な意味がこめられています。
指輪などのアクセサリーに、想いを込めてつくられます。

大切なおくりもの
特に結婚式に、大切な人へハワイアンジュエリーに意味を込めて贈ることが多く、昔からハワイでは結婚指輪としてもつといわれています。

昔からの歴史で、母から娘への贈り物という習慣があり、その後自分の名前だけではなく愛しい人や大切な人の名前を彫ったものが愛されるようになり「大切な人への贈り物」としてのステータスを確立しています。
こうした伝統は、現在でもあり記念日などの節目にプレゼントされます。
指輪など、職人の手作りなので世界に二つと同じものがありません。

オススメリンク
カレンダー
2014年8月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031